男と女では性的興奮のメカニズムが違う

男と女の違い

同じ媚薬でも女性用と男性用で分けられて販売されています。
女性用媚薬と男性用媚薬にはどのような違いがあるのでしょうか?

男性用媚薬と女性用媚薬が分けられている理由。
それは、男性と女性とでは性的に興奮するメカニズムや、性欲が高まるきっかけやエロスに対する感じ方が違うためです。

そもそも男性用媚薬と聞くと、あまり聞き馴染みがありませんが、分かりやすく言えば精力剤だと思っていただいて差し支えないと思います。

男女の媚薬の効果の比較

男性用媚薬は精力剤

精力剤を服用すると、精子の量が増えたり、勃起の持続性が向上したり、射精後の復活が早まったり、そして何より力強い勃起を促し、セックスのパフォーマンスを高めてくれる効果があります。

男性用媚薬には性欲を高める効果や、ペニスの感度を高めてくれるような効果はあまりありません。

総合して男性用媚薬≒精力剤はペニスの機能を改善したり高めてくれることに重点が置かれています。

一方で女性用媚薬は女性の性欲を高めたり、体を火照らせるような催淫効果が重視されています。
他にはフェロモンによって嗅覚から性的興奮を高めたり、デリケートゾーンの感度を高めて、セックスの満足度を高めるような効果があるものも女性用媚薬の中にはあります。

エロスに対する考え方が男女で異なる

男性用媚薬はペニスの機能強化、女性用媚薬は性欲の強化がそれぞれの効果の最大の特徴です。
これは男性と女性でエロスに対する考え方や捉え方が異なることが1つの理由として挙げられます。

男性は視覚を筆頭に五感で性的に興奮する

視覚

ご存知の通り、男性は主にビジュアルで興奮します。
例えば、大きなおっぱいやキュッとくびれた腰からお尻の丸みまでのラインや、女性の挑発的な姿勢や体位、あるいは滴る汗や唾液、体液なども見た目のエロさを引き立てる要素の一つです。

セクシーな写真を見ただけで男性が勃起するのも視覚だけで興奮している証拠です。

他にも女性らしいシャンプーの匂いで興奮したり、中にはワキや股間の汗の匂いで欲情する男性もいます。

音などの聴覚による興奮もあります。
フェラチオをしている時のチュパチュパ音やセックスをしている時の愛液のヌチャヌチャした音、バックから腰を降っている時の肌と肌の叩き合う乾いた音、そして何より女性のセクシーな喘ぎ声なども興奮する要素の1つです。

セックスの時ではなくても、男性は性的に興奮する要素がこれだけ多いので、男性用媚薬は女性用媚薬のように催淫効果は必要ありません。

それよりもペニスの勃起をさらに強化したり、射精後の回復力を高めた方が、よりセックスを楽しめるし、それだけ女性を満足させることができるので、男性用媚薬にはペニスの機能強化が期待できる有効成分を多く含んでいると思われます。

女性はムード、雰囲気、記憶などの心理的要素で性的に興奮する

ムード

女性は頼りがいがある男性、強い男性、自分を守ってくれる男性といった包容力、抱きしめられたり、見つめられたり、キスや愛撫をされるなど自分が愛されているという実感、安心感などの心で感じる部分で性的に興奮します。

また、間接照明の明りやインテリアなどの内装、音楽やお香などの香りも含めた部屋全体の雰囲気なども性的な興奮の1要素になります。

人にもよりますが、過去に元カレがつけていた香水の匂い、好きな人がつけていたアクセサリーなど記憶との関連付けによっても性的な興奮が想起されることがあるようです。

このように男性とは違って女性が性的興奮を覚える瞬間というのは、ベッドイン直前であったり、ベッドの上で次第に性欲が高まっていったりすることが多いので、男性の性的興奮が高まるタイミングと女性の性的興奮が高まるタイミングが合致しないことが多くあります。

このことから、女性用媚薬では性的興奮を高める催淫効果がある成分を中心に、体を火照らせるために血行を活発にする成分などが多く含まれます。

媚薬の種類は女性用媚薬の方が豊富

女性用媚薬の種類

男性用媚薬は経口摂取、つまりサプリメントやドリンクなど口から摂取するものがほとんどです。
大抵の男性用媚薬にはアルギニンやシトルリン、亜鉛が含まれ、中には天然のバイアグラと言われるソフォンなどが含まれているものもあります。

男性用媚薬のほとんどはこれらの栄養素による効能に頼っている部分が大きくなっています。

血流改善効果によって陰茎海綿体への血流量を増やし、力強い勃起を促したり、精子の量と質を高める亜鉛、勃起状態を納めてしまうPDE5酵素を阻害するシナデルフィルに似た作用の成分を含有することで、射精後の回復力を高めるなど、栄養素によって男性機能を高めることを狙いとしているため、経口摂取による媚薬が多くなっています。

一方で、女性用媚薬は男性のフェロモンを模した匂いを香水として身につける香水タイプの媚薬、飲み物などに混ぜて、血流改善によって体を火照らせたり、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を促したり、エストロゲンと似た分子構造の大豆イソフラボンやエストロンを多く含む原料を使用することで女性の性欲を高めるリキッドタイプ、そしてデリケートゾーンに直接塗り込んで、塗布した部分の感度を高めるクリームタイプなどの媚薬があります。

女性用媚薬はこれらのタイプをシーンごとに使い分けることで効果的な媚薬の効果を得ることができます。