数ある媚薬の中でも人気のあるものといえば「惚れルンです」ですが、惚れルンですを最も効果的に使用するために重要になってくるのが”使用する量”になります。
これは他の媚薬にもよりますが、少なすぎると効果が現れないですし、多すぎても効果が出過ぎてしまいます。
最適な量を使用することが惚れルンですの効果を最大限に引き出すコツになのです。
そこで、今回は惚れルンですの最適な使用量についてご紹介したいと思います。

惚れルンですの最適な用量は?

薬でもサプリメントでもヒトの体に最も最適な効果をもたらす用量は必ず設定されています。用量設定は実験等を行って設定されているので、その用量を守って使用すれば効果が期待できるはずなのです。これは媚薬でも同じで、最適な用量は決められているはずです。
そこで惚れルンですの用量を調べてみたところ、公式ホームページには「適量を水またはお飲み物などに混ぜてお召し上がりください」と記載されていました。ここで気になるのが”適量”という分量ですが、なんとなくイメージは分かりますが具体的にどれくらいの量なのか分かりませんよね。ちなみに、辞書で”適量”を調べてみると、”程よい量“や”適当な量“という意味が出てきました。残念ながらこれでは答えにはなっていません。そこで、具体的な量を確認するために販売先に確認してみることにしました。

惚れルンですの適量とはどれくらい?

早速確認してみたところ、以下のような回答が返ってきました。

1回の使用量は1~2滴を推奨しております。量によって実感が増すとの報告もございます。相性によっては多めにご使用いただいても問題ございません。」

つまり、最適な用量は1~2滴くらいで、それでも効かない場合やもっと効果を強くしたい場合は量を増やしても大丈夫ということですね。
ごくわずかな量でも十分に媚薬しての効果を発揮してくれることがこれで分かりました。

惚れルンですの公式サイトはこちら

惚れルンですのおすすめの使い方

さて、1~2滴くらいが最適用量ということが分かりましたが、実際に使用する場合はどんな使い方をするのが良いのでしょうか?
気になるおすすめの使い方をご紹介していきたいと思います。
まず、初めて購入して最初に使用する場合ですが、一番最初はまずは1滴だけを使用するようにしましょう。誰でも最初はたくさん使ってみたいと思ってしまうものですが、初めて使うときは1滴だけを使ってどれくらいの効果があるのかを確認してみましょう。もしそれで思っていたより効果が薄いなぁと感じたら、2回目以降から2滴に増やして様子をみるのです。そして、それでも効果が少ないと感じたら徐々に1滴ずつ増やしていくようにするとどれくらいの用量でどれくらいの効果が現れるかが分かるので、状況や気分に応じて使い分けたりすることが出来るようになります。
例えば、激しいセックスをしたいときはたくさん入れる等、自分なりの楽しみ方が出来るようになるのでおすすめです。

使う相手によって効果が変わる

ここで注意したいのが、相手によって反応が変わるというところです。薬でもそうですが、体質等の様々な要因によって効果の現れ方は変わってきます。
つまり、使う相手によって効果の現れ方が変わってくるので、使用する量も相手によって変えなければならないかもしれないのです。
例えば、媚薬が効きやすい女性であれば1滴使用しただけでも感度がMAXになる場合もあれば、3滴使用してもそれほど何も変わらない女性もいるかもしれません。もちろん、ほとんどの女性が1~3滴程度で効果が現れるように用量設定されているのですが、こればかりは実際にその女性に使用してみなければ分からない部分があるのです。もし、初めて会った人にどうしても使いたい、このチャンスを逃せば二度と会うことが出来ないというときであれば、少し多めに使用するというのもひとつの方法です。

最後に

今回は惚れルンですを効果的に使うための”おすすめの量”についてご紹介しました。医薬品とは異なり、必ずしも厳密に用量を守る必要はありませんが、推奨用量が決められている場合はまずはそれに従って使ってみるようにしましょう。慣れてくれば、どれくらいの量でどんな作用があるのかを予想することも出来るようになるのでセックスライフがより楽しくなるはずです。自分なりの推奨用量を見つけてみるのも良いですね!

惚れルンですの公式サイトはこちら