媚薬をせっかく手に入れても使い方が分からないと意味がありません。媚薬の効果をより効果的に実感する為の使い方にはどのようなものがあるのでしょうか。媚薬の種類によってもその使い方が変わりますので、「飲むタイプ」「香水タイプ」「塗るタイプ」の3種類に分けてその使い方を説明します。

媚薬はこんな人におすすめ


媚薬というとなんだか効果がわからないし怖いものだと思ってしまう人もいるかもしれません。媚薬の歴史は実はとても古く世界三大美女としても名高いクレオパトラも媚薬を使って相手の敵である将軍を虜にしてしまったなんて逸話も残っており、日本でも好きになった相手を惚れさせる薬として実は昔から使われていたものでもあるのです。

気になっている相手に飲ませて相手からエッチを求めてくるようにする、性的興奮を高めてセックスレスを解消するなど現代だけではないのですね。媚薬は性的な悩みがある人や、好きな相手に振り向いてもらいたい、モテたいなど男性・女性問わず異性にもっと魅力的に見られたい!と思う人におすすめです。

媚薬にも種類がありますので、どれが自分に合っているのかを考えた上で選ぶようにするといいでしょう。媚薬を使いたいけど相手にいうのは恥ずかしいなんて人は、媚薬を伝えずにエッチを楽しめるものもありますので、媚薬を上手に使ってより興奮できる一夜を過ごしてくださいね。

飲むタイプ媚薬の使い方

飲むタイプの媚薬は相手に知られずにひっそりと使うのに向いています。

例えば「今日こそはエッチがしたい!」という時に、女性の飲み物にそっと入れて溶かしておき、お酒を飲む前に「二日酔い防止の効果があるよ」などと言って、女性に飲ませれば30分程時間が経って媚薬の効果を感じる頃には、自分からエッチを求めてくるかもしれません。

飲むタイプの媚薬は全身の性感帯に効果があるので、激しいエッチをしたい時にもおすすめです。ちょっと手が触れただけでも自分の欲求を抑えられなくなるはずです。個人差があるので時には女性が積極的にリードしてくれるようなエッチだって夢ではありません。

ただし効果を実感するまでに時間がかかり30分~1時間程度かかることもあります。飲むタイプは粒や顆粒などもありますので、使いやすさに応じて選んでみるといいでしょう。ひっそりと飲ませたいのであれば水に溶ける顆粒タイプがおすすめです。

飲むタイプの媚薬は空腹時に飲むとより効果が高くなりますが、食後の場合は媚薬の効果が薄らいでしまう場合もありますのでおすすめしません。また、量を増やせばより興奮するのでは?なんて思ってしまうかもしれませんが、副作用などの危険性もありますので規定の量を守って使うようにしてくださいね。飲むタイプは全身の性感帯を刺激して、乳房やクリトリスなど触れられた瞬間に愛液が溢れ出してくる…なんてこともあるかもしれません。

香水タイプ媚薬の使い方

香水タイプの媚薬が一番使いやすく簡単です。ただ体や下着に吹きかけるだけなので余計な副作用などの心配もありません。今日こそは勝負したい!もっと女性からモテたいなんて時にお出かけ前にシュッと一吹きかけるだけです。香水タイプの媚薬の効果をより高く実感したいのであれば、“脇の下”につけるのがおすすめです。

脇からはフェロモンが分泌されていると言われ、女性は男性の汗のニオイ=フェロモンだと感じる性的な興奮を覚えると言われています。特に脇の汗のニオイが強い男性ほど、女性は無意識のうちに魅力的だと感じると言われています。脇にシュッと一吹きしておくだけで、もともと持っているフェロモンの効果を高めることにも繋がります。

またそれと同時に下着にもシュッと吹きかけておくのをおすすめします。ニオイは下から上に上がるようにできています。いざ、エッチの時に下着姿になった時に香水の媚薬効果でより興奮することになるでしょう。またそのニオイをあなたも嗅ぐことでお互いに性的興奮を高めることにも繋がります。

よく男性が脇のニオイ対策としてデオドラントを使ってしまうのですが、これは自分のフェロモンを消してしまい、モテるポイントを自分で減らしていることにもなります。

香水タイプはエッチの最中に追加して付けてもいいですし、女性も男性も一緒に興奮してエッチが楽しめるアイテムでもありますね。また飲むタイプの媚薬と一緒に使うとよりフェロモンの量が増えて効果を高めることにも繋がると言われています。媚薬を使うのが初めての人はまず香水タイプから使ってみるといいのではないでしょうか。

塗るタイプ媚薬の使い方

一般的に知られているのが塗るタイプの媚薬ではないでしょうか。女性の性感帯に直接塗って使うものなので、初見の女性には使えないことが難点ですよね。初めてのエッチから媚薬を塗りたがる男性だと驚かれてしまうかもしれません。

塗るタイプの媚薬は女性の乳房や乳頭、クリトリス、耳、うなじなどに直接塗ってマッサージをすることで、徐々に血行が促進されマッサージした部位が熱く火照ってきます。

媚薬のなかには女性の感覚神経を敏感にさせる効果があるので、最初は少しずつ塗って様子を見ながら増やしていきましょう。最初から全部の性感帯に塗ってしまうと、刺激が強すぎて女性も困ってしまうかもしれません。

マッサージをしている時も、エッチの最中であるのを忘れないようにしてくださいね。ただ塗るだけではなく、甘い雰囲気で女性と楽しみながら媚薬を使いましょう。

塗るタイプには個人差があるものの、即効性が高いので女性が今まで気付かなかった新たな性感帯を発見するのにも向いています。また塗っている時に男性側も興奮してくるはずなので、お互いに最高な快楽の中でエッチを楽しめるようになるはずです。

媚薬の効果ってどのぐらい持続するの?

媚薬は飲むタイプ・香水タイプ・塗るタイプによってもそれぞれその効果が変わります。また個人差があるので一概にどのぐらい持続するというのは難しいのですが、「2時間程度」だと言われています。

使った瞬間に徐々に体や性感帯に変化を感じ、30分ほどでピークを迎えたあと徐々にその効果も低下していきます。香水タイプや塗るタイプであればエッチの途中で足すこともできますが、飲むタイプの場合は絶対にやめましょう。

エッチも2時間ずっとできる人の方が少ないでしょうし、媚薬としての効果は十分だと言えるのではないでしょうか。もちろん空腹時に飲むなどの飲み方によっても違いますし、媚薬を使ってエッチをする時の雰囲気や方法によっても媚薬の効果や興奮度も変わってきます。

媚薬の効果を持続させる為には媚薬に頼りすぎず、テクニックを磨くことも重要ですね!両方が合わさってこそ最高の興奮を実感できるのではないでしょうか。

媚薬の効果をより感じるための効果的な使い方について説明しました。せっかく媚薬を使うのであれば「あれ、効果がなかった?」なんてことは避けたいものですよね。媚薬は惚れ薬として歴史的にも長いものですので正しい使い方を守れていれば、安全に使える薬のようなものです。

いわゆる男子の精力剤と同じようなものではあるのですが、誤って規定量よりも飲みすぎてしまったり、なかには脱法ハーブなどの危険性が混ざっている媚薬を使ってしまうなど、間違えた使い方をしてしまう人もいます。惚れ薬はあなたのエッチをより興奮させてくれるアイテムです。