媚薬の使い方・注意点

媚薬の効果が持続する時間はどのくらい?

結婚したり、付き合って長くなると、愛の行為もマンネリ化しやすくなります。そんな時にはちょっとした遊び心を採り入れることで、マンネリを打破して夫や妻、恋人とより親密な時間をもつことができるようになるのは確実です。

女性にその気になってもらうことが大事

結婚して長くなると、妻側に愛し合う行為を拒絶する傾向が強くなります。これは、赤ん坊を生んだ後に顕著に表れることがありますが、母性本能が目覚めることによるもので、生殖行為を嫌うという気持ちが生まれてしまいます。一定期間が過ぎると、また元に戻ると言われていますが、産後の回復を待つのはもちろん、その後もお預けをくらわされる夫としては、いささかつらいものがあります。そのため、妻にその気になってもらうことが大事なので、知られないようにこっそりと、飲み物などに媚薬を混ぜてみようかと考える夫も多いのではないでしょうか。

ひそかにその気にさせるならドリンクタイプ

ドリンクタイプの媚薬の効果が出始めるのは、服用後30分ほどしてからだと言われています。ゆっくり愛し合いたいことから、翌日が休みの前夜や、子供も寝てしまったあとに、お疲れ様などといった具合に、媚薬を入れた飲み物を妻に淹れてあげるといいでしょう。妻としては、労われている、大事にされているという風に感じることで、媚薬のせいだとは気づかず、夫に対して素直に愛情を感じてくれるかもしれません。飲み物に秘密兵器が隠されていることを知らなければ、妻としても久しぶりに自分も夫を求めているのかもしれないと思うでしょう。

たっぷり愛し合えるものにしよう

即効性のあるドリンクのほとんどが服用後30分程度で効果が出始めるという点でほぼ一致していますが、持続時間に関していえば、2時間もつというのもあれば、4時間もつものもあります。2時間と4時間では倍の開きがありますので、とにかくゆっくり、あるいは何度も愛し合いたいというのであれば、即効性よりも持続時間に着目して、媚薬を選ぶのがいいでしょう。久しぶりに愛し合うという時に、妻がこれまでになく乱れ、感じてくれるなら、一度では終わらない可能性が高いでしょうから、持続時間を長めにしておくと、安心して愛し合えます。

まとめ

男性が、女性をその気にさせたいときに使う媚薬は、どのくらいで効き始めるのかという即効性も大事ですが、持続時間にも注意が必要です。効いてくるまではじっと待ち、効果が出てきたら、長い間愛し合える方が楽しめる時間が長くなるからです。