男性にとって世の女性といかに仲良く、そして更に親密になれるか関心の高いことのひとつです。気になる女性を上手に口説くために、そのひとつの手段として媚薬を用いてみるのも、遊び心があって身近なスリリングさを味わえるかもしれません。

遊び心をもって気になる女性にアプローチ

老若男女を問わず、異性に関心があることは健全であり生活の張りにもなります。異性を意識して、そして自分のセンスを生かして服装や装飾品などに気を配ることは楽しくもあり、ドキドキしてしまうものです。男性がある特定の女性に好意を寄せることは自然であり、その先を想像するのも自然な感情であるといえます。相手の気を惹くために、相手の趣味をよく知ってみたり、話題や服装にも気を配ったりします。2人だけでお酒を飲めるようになれば、より親密さを増すことができるチャンスとも言えます。チャンスの回数がは増え、もう一押し、という大切な口説きの場面で、ドキドキ感をさらに高めるにも媚薬を使ってみるのもおすすめです。

より効果的に使うには遊び心も大切です

実際に媚薬を使ってみる場面が出来たとします。2人でお酒や食事を楽しんでいる場面で、より親密さが欲しいときの鉄則ともいえることがあります。それは、2人だけの秘密を持つことです。相手を口説くには2人だけ、の秘密を共有するとグッと距離が近づいてきます。大げさな秘密ではなく、ほんの小さな秘密で良いのです。媚薬を取り出して、これ飲むと飲んだ時に一番近くにいる人のことを好きになるんだ、というように遊び心をもって口説くと良いかもしれません。少なくとも女性は、この人は私のこと好きなんだ、と理解してくれます。媚薬の存在を知らせて、その存在自体をもって心理的に口説くのもおすすめです。

媚薬の効き目を楽しみながら口説く

意中の女性に悟られずにコッソリと媚薬を女性に飲ませるのも、本来の使い方といいますか口説く時の王道ともいえるかもしれません。意中のお相手の飲み物に媚薬を入れたならば、その後の女性の変化などに注意を払いじっくりと口説くことがおすすめです。焦らず、しかし心の中では少しだけ優位に立ったような余裕が必要です。口説くときの心の支え程度に考えて、どっしりと構えていれば女性も変に勘ぐらず心を許すかもしれません。必死さは隠して余裕をもって接していれば、それだけで女性の心は動き始めます。効き目を疑わず、自信をもって、その状況を楽しむくらいの態度で口説けば必ずや効き目は表れるはずです。

まとめ

媚薬の効果は相手の心理にも働きかけます。その存在を知らせて心理的に効果を高めることも一つの手段です。また、コッソリ媚薬を仕込んで、その効き目を楽しむ余裕をもって口説けば、いつもと違う貴方の一面を見せる事も可能です。