惚れルンです。
エロティカ7
ドロップ
そして、ラブショット。

色々な媚薬がありますが、その中から個人的に使いやすかったラブショットを使ったセックス体験談を紹介!


媚薬を使った女性へのアプローチで色々な失敗や試行錯誤を繰り返してきて、鉄板の媚薬攻略法も交えてレポートしますので、媚薬をこれから使う人、媚薬の効果に懐疑的な人、媚薬を使ったけどなかなか効果がなかった人はぜひ参考にしてください!

一応、私のスペックを紹介。


33歳 170cmの68kgの小デブ。
普通の会社員で普通の収入
顔はフツメンだと思っていますが、全然モテません。

なぜ数ある媚薬の中からラブショットを選んだか
知る人ぞ知る効果の高い媚薬のラインナップからラブショットを選んだ理由。
それはラブショットが従来の5倍の効果にパワーアップして再登場したから

ぶっちゃけ惚れルンです。もエロティカ7もドロップも一定の効果があって、ラブショットの効果と大差なかったんですが、新しくなったラブショットがマジで効果てきめんだったので、今はラブショット1本で女性とセックスまでこぎつけてます。

無味無臭で手のひらに隠れるサイズなので、女の子のグラスを持つフリをして混入できます。
使いやすいしバレにくいので使いやすさも◎。
今一番のおすすめ媚薬といえばラブショットです。

出会い系でマジメな出会いからのセフレ化

セフレ化

出会い系サイトやアプリを使って、女の子と会うまでなら難しいことはありません。


問題はその後。


こちらの容姿やトーク、ファッション、年収や仕事が女の子のストライクゾーンに入らないと次に会う約束ができず、1度会って終わりという方は多いのではないでしょうか?

出会い系サイトのアダルト掲示板なら割り切りの出会いでセックスできたとしても、デリヘルと変わらないので、そもそも次につながりません。
最初からセックス目的の場合、そこは人間関係ではなく、お金の関係なのでラブショットを使ってセックスが盛り上がっても、やっぱり行為が終わると次につながらないのです。

経験上、出会い系サイトのピュア掲示板で知り合った女の子と地道にやり取りをして、食事をするために実際に会って、ラブショットを使った方が次につながります。
ところが、ピュア掲示板では女の子は恋人や友達、飲み友達、趣味友達を求めている場合が多いので、ここでは人間力が物を言います。

これを補うのがセックス。
相手がセックスするつもりで会わなくても、ラブショットを数滴たらすと、媚薬の効果によってガードが緩くなるのでホテルに連れ込む確率がグンと上がります。

セックスで満足させると高確率で次につながります。
それほどに女の子は体の相性を重視しているんです。

セックスの時はクリームタイプの媚薬で感度をさらに高める

クリームタイプ

私の場合の王道パターンは、出会い系で共通の趣味、近隣に住んでいる女の子を検索してメール交換で仲良くなる。
やっぱり飛び抜けて可愛い子よりも普通の女の子や少し年上の女の子の方が成功率が高いように思います。

実際に出会って、お互いの性格が合わなければ連絡を取るのをやめようという決まりごとを作って、会うことを持ちかければ応じてくれることが多いです。

そして実際に会って、個室居酒屋で楽しく趣味トークに花を咲かせて、そして女の子がトイレに行っている間にラブショットを混入。

ラブショット入りのアルコールを飲んだ女の子は2〜30分もすれば媚薬の効果で顔が火照って、モジモジし出します。
明らかに様子が変わるので、普通に話していれば気がつくはずです。

ここで重要なのは二人きりの状況、そして女の子がアルコールを飲んでいるということ。
数人で飲んでいる時にラブショットを使ってみましたが、やっぱり他人の目が気になるせいか、女の子の理性が勝ってしまい、お持ち帰りすることができないという経験がありました。

ラブショットなどのリキッドタイプの媚薬は水やジュースよりもアルコールに混ぜた方が効果が高いし、早いです。

女の子の様子が変わったら店を変えてお洒落なバーやカラオケに行くとセックスの成功率がさら高まります。
2軒目は1時間もあれば十分。
カラオケの場合は室内温度を高めに設定して、女の子が少し暑がる程度に暖かくします。

ここまでくると大抵の女の子は隣に座るだけで、手を膝に置いてきたり、肩をくっつけてきたり、アピールしてきます。

ここでキスできれば100%ホテルに連れ込めます。
そうでなくても、2軒目ともなると女の子がトイレに頻繁に行くようになるので、その度にラブショットを混ぜて効果を高め、効果が長続きするようにします。
すると、「この後、少し休んで行こうか?」というと、だいたいOKもらえます。

ホテルに入ったらササっとシャワーを浴びて前戯をして挿入!
ですが、ラブショットを使うのと使わないのとではアソコの濡れ方が全然違います。
アソコから太ももまで愛液がツーっと垂れるくらいビショビショになっている場合が多いです。
これも媚薬の催淫効果と血行が良くなったためだと思います。

仕上げにローション使うと言いつつクリームタイプの媚薬を使います。
自分のペニスと女の子のアソコに薄く塗布してセックスすると、クリームタイプの媚薬の効果によってお互いのアソコの血行が良くなるので、感度が高まって、クリームタイプの媚薬を使わないセックスよりも格段に感度が高まり、極上の快感が味わえるセックスになります。

この方法で3人に1人はセフレになる

セフレ

やっていることはものすごくシンプル。
出会い系でマジメな出会い目的で会いつつ、ラブショットを混入。
媚薬の効果によって、女の子の性欲が高まって悶々とし出したら、2軒目へ。
2軒目でさらにラブショットを混入して、ボディタッチや軽い下ネタで女の子をその気に。
ホテルに連れこめたらクリームタイプの媚薬でお互いの性感帯の感度を高めて、いつもよりも気持ちいいセックスを堪能。

女の子はなぜだか体が火照ったり、心臓がドキドキしている原因を探します。
あれ?私、この男性のことを求めているのかな?」と錯覚するようになります。
そもそも媚薬の効果には女性ホルモンを高めて、女性の脳を恋愛モードにする効果があるので、その錯覚は確信と言えるほど強い思い込みになります。

さらに、ラブショットで高まった性欲に火照った体に対して、さらにクリームタイプの媚薬を使うことで、女の子が今まで経験したことがないような強い快感のセックスができます。
すると、女の子は媚薬の効果など知る由もなく、体の相性がいいからと考えるようになります。

媚薬の効果というと催淫効果ばかりが注目されますが、女性の恋愛感情やセックスにおける体の相性を錯覚させるという副次効果こそ媚薬の最大の効果です。
たまにうまくいかないこともありますが、1度セックスまでこぎつければ、それが自信になって成功率が高まるし女性の前での振る舞いも上手になっていきます。

媚薬の効果を信じて女の子と積極的に出会うための行動を起こしましょう!