媚薬体験談

「ラブショット」と「濡花魁」で出会い系の女をセフレにした媚薬体験談

今回紹介するのは出会い系サイトで知り合った女性に媚薬を使ってセフレ化した男性の体験談です。

媚薬でセフレ化に成功した媚薬体験談

俺は以前、出会い系サイトを利用しても、なかなか女性とセックスまで持ち込めなかった。

出会うところまでは割と簡単にいけるんだが、その先が続かない。

結構高い飯を奢らされた後、なんとなくフェードアウトされてしまうパターンばかり。

しかし、俺はついに出会い系ワンナイト必勝法を見つけた。

それが、媚薬を使って出会った女の子をその気にさせてしまう、というパターンだ。

出会い系で誘った女の子はまず酒の席に誘い、そこでその気にさせる媚薬をこっそりグラスに注ぎ込む。

それで女の子がその気になったら、今度はホテルで興奮クリームも使用してさらに女を本気にさせる、というパターンだ。

この攻略法を使いだしてから、出会い系で女の子をゲットしたらほぼ確実にホテル連れ込みに成功している。

それで具体的にどうやって女の子を落とすかについて、最近出会った女の子とのことを体験談にして記してみたので、参考にしてほしい。

出会い系サイト・ハッピーメールでやれそうな女を探す

まず、女を探すのに利用したのは、出会い系サイトのハッピーメール

ちなみにハッピーメールは累計登録者数2,000万人を誇る、日本最大級のモンスター巨大出会い系サイトだ。

あの××県知事も使っていた、ということで最近、ハッピーメールはさらに有名になった。

その日も俺はハッピーメールでいい女がいないかどうか、プロフィール検索や写真検索でしらみつぶしに女を探していた。

ハッピーメールはとにかく女の数が多いので、いい女はいくらでも見つけられる。

そんな中、いけるかも、と思えた女を一人発見。

いけるかも、というのはもちろん、ルックスがある程度、美人なのは当然なこと。

しかし、それで出会ってもやれずに振られてしまっては何にもならない。

だから性格面で自分になびきそうな女かどうか、という点も俺は女を選ぶ際、かなり重視している。

基本的に生意気な女は駄目だ。常に高飛車な態度でイケメン以外には上から目線のむかつく女が多い。

しかし、今回、声をかけた女の子はプロフィールに書かれた言葉遣いが礼儀正しく、いい感じだったのでとりあえずメールを送ってみた。

 

>>>ハッピーメールでヤレる女を探す

女の子をメールで口説く

はじめまして。今度一度ランチか飲みで、いかがでしょうか?一度お会いしてみませんか?

女の子からはすぐに返事が来た。

はじめまして、ありがとうございます。ただ、突然そう言われても、ちょっとびっくりしたんですけど、どういう所に連れて行ってくれるんでしょうか?

そうですね。どこでもいいんですけど、女性向けのおしゃれな感じのお店でもいいし、もつ焼き屋とか立ち飲み屋みたいに普段、女性が入りにくいようなお店でもいいし…

もつ焼き屋さんとか立ち飲み屋さんは興味はあるけど、初対面でいきなりはちょっと…って思います

そうですか。それならピザはどうですか?

はい。ピザなら大丈夫です!

ということで俺たちはピザ屋で出会うことに決定した。

意外に簡単に会えるだろ。出会い系ってこんなもんなんだ。ただ、ここから先に進むのがなかなか難しい。

それで当日、お店の近くの地下街で待ち合わせをすることに。

俺はちょっと待ち合わせ場所に行くのが遅れてしまって、約束の時間ギリギリになって到着した。

初対面で人を待たせると印象が悪くなるので、かなり焦った。

女との出会い

待ち合わせ場所に急いで行ってみると、もうすでにそれらしき女性の姿が。

俺が近づいていくと、振り向いた彼女もこっちに向かって歩いてきた!

どうも、こんばんは

俺が挨拶をすると

彼女もやや緊張した表情で

こんばんは

と挨拶してきた。

お店、あっち側に行くとすぐなんで…行きましょうか

はい

そう言って俺たちは、ピザやパスタがメインのレストランに入った。

初対面の女性だと、とりあえずこういうところが無難といえる。

席に着くとまず、彼女の緊張を解きほぐそうとトーク開始。

俺は女性と話をするのが好きなので、女性の前ではよく喋る。女性からも結構良く喋る方なんですね、とか言われることもちょくちょくある。

でも、残念ながら俺は面白い奴じゃない。だから、トークで女性の心を惹き付けることができないんだ。

これまでも出会った女性と何時間もしゃべっていて、結構気が合ってるかも、いけるんじゃね?、と思っていたら振られて音信不通ということが何度もあった。

結局俺は見た目もイマイチ、喋りもつまらない、ぱっとしない男なんだ、ということに最近気がついたんだ。

それで俺はこの非モテ状態をなんとかしないといけない、と思い、必死でいろいろなことを研究した。

その結果、たどりついた結論が「ある武器」を使う、ということだった。

その武器というのが「ラブショット」だ。

媚薬「ラブショット」を女に飲ませる

「ラブショット」というのは要するに媚薬のことで、これをこっそり女に飲ませることでその気にさせて、うまいことホテルまで連れ込んでしまう、という作戦。

Love Shot TypeLは5時間持続する強力媚薬!30分で女性の感度が急上昇!ラブショットは強力媚薬として人気があり、リピートも続出中!その催淫率は驚異の98.6%!どんな女性でも20分後にはセックスを求めてくるようになるその効果とは?...

実はこの方法、やってみてからわかったんだが、実際にやっている男は結構いる。

ただ、やはり女のグラスに媚薬をこっそり垂らして飲ませる、というのはあまり大っぴらには言えないやり方なので、世間ではそれほど話題にはなっていないんだ。

だからこの時、俺がべらべらしゃべっていたのは、以前のように女を口説くためではない。

デートの時間をなるべく長引かせて、媚薬をこっそり注入するチャンスタイムが生まれるようにするためなんだ。

そのためには、酒でもジュースでも水でもなんでもいい。ドリンクをたくさん飲ませて女がトイレに行きたくなるようにしないといけない。

今回はピザの店だったのも都合が良い。ピザはパサパサしているし、塩気の多い食べ物なので喉が乾く。

必然的に女はドリンクを飲んでトイレに行く。

そこが狙い目なんだ。

俺はべらべら喋り続けた。

女も俺のトークに付き合ってくれた。

そしてチャンス到来!

彼女がトイレに立った。

すかさず俺は「ラブショット」を数滴、彼女のグラスに注ぎこんだ!

>>>ラブショットの詳細をチェック

しばらくして彼女はトイレから戻ってきた。

しかし、水を飲む気配はない。

そこで俺はウエイトレスに声をかけた

あの…、お水ください

はい

ウエイトレスは俺たちのグラスに水を注いでくれた。

これは俺の計算だ。

グラスになみなみと水が注がれれば、水を飲む気がなかった彼女も一口ぐらいは飲むだろう。

すると俺の計算通り、彼女は水を飲んでくれた。

よし、計画通りだ。

それじゃあ、最後にワインを一杯飲んで出ましょうか?

ワイン…、はい…

彼女は迷っていたが応じてくれた。

【2019年最新版】セフレが作れる出会い系サイトTOP3セフレが作れる最新のおすすめ出会い系サイトをご紹介!これを知らなければセフレを作ることは出来ない!?...

女をカラオケ店に連れ込みスキンシップ開始

この次にカラオケに彼女を連れ込もうと思っていたが、「ラブショット」が効いていればついてくるはず、と俺は考えていた。

そしてワインを飲み干して、俺たちは店を出た。

俺は歩きながら、誘ってみた。

あの…良かったらもう少しだけ、カラオケとかでお話しません?そんなに時間は取らないんで…

カラオケですか…えー…そうですね。そんなに長い時間は無理ですけど、少しなら…

はい、そんなに長くは居ないんで…

よし、ラブショットが確実に効いている。

なぜならば、これまではいつもこの飲食店を出たところで、俺は常に女性に振られ続けてきたからだ。

俺たちは2軒目のカラオケ店に入り、しばらく話をしていた。

俺はふいに尋ねてみた。

最初、会った時とは雰囲気が違うみたいだけど、何かあった?飲みすぎて気分が悪くなったかな?

なんか、ぼーっとしてるというか、ちょっとなんか変な気分…

大丈夫?

はい大丈夫です。気分が悪いとかじゃありません

効いている!

そして俺はトイレに行った。

トイレから戻ってきた俺は何も言わず、いきなり彼女の隣に座った。

えっ、どうして隣に座るんですか!

もう少し仲良くなりたいから

嫌?

別に嫌じゃないですけど…

俺は彼女の手を取って俺の胸に押し付けた

ほら、俺の心臓、どきどきしてる

彼女はしばらく黙っていた後に言った。

あっ、胸、結構逞しいんですね

俺は筋トレを何年もやっているので、胸や腕の筋肉には自信があった。

肉、好き?

は、はい…逞しい人、好きです…

もっと触っていいよ

えっ、そんな…

躊躇する彼女の手を掴み、俺のTシャツの中に入れて、俺の生筋肉を思いっきり触らせた。

そして俺は彼女の手を握りながら、唇を奪った。

彼女が拒絶しないので、厚かましく舌をねじ込み、濃厚なディープキス!

彼女はうっとりした様子だった。

よし、いただける!

俺は彼女の肩を抱きながら言った

もう少し仲良くなりたい

彼女は俺の目を見つめながら黙っている。

ここは押しの一手だ!

そう思った俺は、ホテルに連れ込むことにした。

さあ、行こうか

はい…

俺はここから3分ほどの距離にあるラブホテルまで彼女と歩いていった。

彼女も何も言わずついてきた。

【媚薬体験談】出会い系サイトでゲットした巨乳美人レイヤーに媚薬を使ってオフパコ成功!最近ンターネット上で知り合った男女が実際に出会ってセックスまでするというオフパコが流行っています。 今回ご紹介するのは、巨乳美女コスプ...

ホテルでさらにもう一つの武器「濡花魁」を使う

部屋に入ると、俺たちは飢えた獣のように抱き合ってお互いの体を触りあった

そしてシャワーを浴びて全裸になった俺たちは、ベッドで本能の赴くままに絡み合った。

俺は彼女の股を開いてオマンコをチェックした。

あれ、濡れてない…

この女、結構感じているように反応していたが、おまんこは全然濡れていなかった。

こいつ、本当は感じてないんじゃないのか…?

そこで俺はカバンからコンドームを取り出しながら、ついでにもう一つの秘密兵器「濡花魁」を取り出した。

塗る媚薬「濡花魁」がガチすごいと大評判!その秘密を徹底解説!直接塗るタイプの濡花魁は、その効き目の早さと確かな効果で絶大な人気を博しています。特にセックスの質を高めるといった効果だけにとどまらず、女性の心身にまでもいい影響をあたえる相乗効果も期待できるのです。...

「濡花魁」は女のおまんこに塗りたくって感度を大幅にアップさせる、という一種の成人用クリームだ。

俺は「濡花魁」を女のクリトリスや小陰唇、大陰唇などに塗りまくってやった。

そして女のおまんこに指をズッポリと入れながら、同時にクリトリスも指で刺激した。

これを2、3分続けていると、おまんこからドロッとエロい液が垂れてきた。俺の指ももうぬるぬるだ。

よし、感じてきたな

そろそろ挿れ時だと思った俺は、コンドームを自分のチンポにハメて挿入した。

とたんに女の表情が変わり、乳首が勃起してきた。

本物を入れると女の態度が一変して、さらにエロくなった。

俺が腰を振りながら女の乳を吸っていると、女は俺の背中に手を回してしがみついてきた!

女のまんこからはさらに愛液が溢れてきているのがわかる。

俺は更に激しく腰を振ってこれに応えた。

すると女は

はぁはぁはぁはぁ…

なんだか動物みたいな吐息を吐いて悶えだした。

そして俺は頂点に達し、ザーメンを放出した。

女は快感でしばらくの間、ぼーっとしていた。

その後俺たちは、セックスが終わってからしばらく雑談をしていた。

しかしこの女はおしゃべりの最中にも俺のチンポを握り締めながら話しかけてくる。

ん…、どうした。まだしたいの?

そうかもしれない(笑)

それはまた今度。また会ってくれる?

いいよ!私も会いたいよ!

 

その後、女は俺のセフレに

この日はこれでホテルを出たが、それ以来、この女は俺のセフレのうちの一人となった。

性欲が溜まった時に呼び出して、この日のように抱きまくっている。

こんな風に、女との出会いでなかなかラストまでいけない時は、「ラブショット」みたいな武器を使ってみるのもいいんじゃないかな。

少なくとも、俺にはこんな具合にいい結果が出ている。