コラム記事

オルガズムとは?オルガズムに達するってどんな感覚?

オルガズムは女性が性的絶頂を迎えた時のイク感覚

オルガズムとは女性が性的絶頂を迎えることを指します。

男性と女性とでは性的絶頂時の感覚が少し異なります。
男性の絶頂とはお分かりのように、射精する時のイク感覚
男性が絶頂を迎えるまでのプロセスは次のようになります。

1. 性的興奮を覚えてペニスに血液が流れ込み、勃起する。
2. ペニスへの刺激により精子がスムーズに射精できるようにカウパー腺から”我慢汁”、”先走り汁”が尿道から漏れでる。
3. 性的快感が蓄積されていくと、脳が射精する指示を出し、射精する。
4. 射精後は急激に性的興奮が下がり、勃起がおさまる。

特徴としては、グングン性的興奮が増していって、射精と同時に急激に性的興奮が覚めて、賢者タイムに突入するジェットコースターのような快感曲線を描きます。

一方、女性がオルガズムを迎える時と、男性の射精感の数倍〜数十倍の性的快楽のため、下半身の筋肉が収縮、痙攣を起こし、強すぎる快楽によって失神寸前のような感覚に襲われることが多いようです。
オルガズムの感想を女性に聞くと「頭が真っ白になる」という表現がよく使われるのは、このためです。

女性のオルガズムが男性の射精と決定的に違う点は、オルガズムの後の状態です。
男性は射精後に性的興奮が一気に覚めてしまうのに対して、女性は快楽のピークとなるオルガズムの後は性的興奮や快感が緩やかに低下していきます。

男性は射精後には勃起がおさまってしまいますし、フェラチオや膣への挿入などで刺激を与えても、連続して射精する事は非常に難しくなっています。

女性はオルガズムの後に緩やかに快楽が低下していくので、再び性的刺激を与えることによって、連続してオルガズムを迎えることができます。

潮吹き=絶頂ではない

AVなどではAV女優が「イク・・・イク・・・!アァァァアーー!」と潮を吹いてしまうシーンがよく見られますが、これを女性のオルガズムだと思ってはいませんか?

潮吹きは膣やクリトリスなどへの刺激によって、おしっこを我慢する筋肉が緩んでしまい、尿道に染み出した愛液が一斉に吹き出してしまう現象です。

女性にしてみれば潮吹きは「漏れそう・・・っ///」という感覚で、「イクゥ〜〜!」という感覚ではないので、潮吹きはオルガズムとは違います。
ただ、潮吹きは確実に女性が強い快感を感じていることには変わりないので、オルガズムまで後もう一息と言ったところでしょうか。

ちなみに、男であれば女をイカせてみたいものですが、潮吹きもビジュアル的にもエロいですし、潮吹きさせてみたいですよね。

潮吹きのポイントはGスポットを責めること

潮吹きをさせるには尿道と膣の間にある性感帯、Gスポットが鍵になってきます。
Gスポットの目安は女性を仰向けにして手のひらを上にして、人差し指か中指を膣に挿入して第一関節を少し曲げたあたりにあります。

主に第一関節を少し曲げて膣内をマッサージする運動で潮吹きをさせるので、爪が長いと敏感なGスポットが激痛ポイントになってしまうので、爪のケアは忘れずに。

十分に愛撫して、膣内を愛液で満たしたら指一本を挿入して、ゆっくりと念入りにGスポットを刺激しましょう。
相手の反応が良ければ、素早く小刻みに指を動かしたり、ゆっくりと動かしたり、あえてGスポットとは別の部分を刺激して焦らしてみたりを織り交ぜて手マンします。

女性の快感が蓄積されてくると、喘ぎ出したり体がビクッと反応するので、反応に変化が現れたらGOサイン。
Gスポットを中心にガンガン責めて行きましょう。
あまり激しすぎると、女性は逆に気持ちよくないので、激しさの中にも丁寧さを忘れずに。

そのまま続けると大抵の女性は潮吹きをします。
が、手マンによる潮吹きはある程度の慣れが必要。
同じパートナーでも何度かのセックスの中で反応の違いを見て責め方を変える工夫を凝らせば、誰でも潮吹きをさせることができるでしょう。

女性がオルガズムに達したかどうか確かめる方法は?

女性の中にはオルガズムに達したのに、自分自身気がついていない場合があります。
オルガズム前後の快感が強いと、流れの中で自分自身いつイッてしまったか分からないんです。

ただ、女性のオルガズムの反応はさまざまですので、中には男性側から見てもイったかどうかわからない場合はあるものの、ほとんどの女性はオルガズムに達すると特有の反応を見せます。

オルガズムに達する直前は体の筋肉が収縮する

女性がオルガズムに達する直前は手足の筋肉や背中の筋肉がギューっと収縮する特徴があります。
例えば、足がピーンと伸びたり、腰が宙に浮いたりするなどの反応があれば、オルガズムの直前です。
あるいは肛門や膣がギュッと締め上がって、いわゆる締まりがものすごく良くなる反応を見せる子もいます。

体がギュッと締まったり、硬直すればGスポットやクリトリス、ポルチオ性感帯などの女性が感じやすい部分を少し刺激するだけでオルガズムに達することが多いようです。

オルガズムに達するとフッと体の筋肉が急激に緩み、脱力した状態になります。
ガンガン突いていて、眉間にしわを寄せて喘いでいるかと思えば、フッと満足げな心地好さそうな表情に変わります。

オルガズムに達したかどうかは前後の反応をみれば、だいたい分かりますので参考にしてください。

オルガズムに達した後は刺激を嫌がる女性もいる

この時の女性側の感覚としては膣から脳にかけて快感が走り抜けて、頭が真っ白になった瞬間、我に返るも頭がぼーっとする感覚になるようで、オルガズムの後はしばらくピストンを続けても目立った反応を見せなくなります。

そのままセックスをノンストップで続ければ、2回目のオルガズムはかなり早い段階で訪れることが多いので、イキ地獄を味わわせてやるとばかりに、立て続けにオルガズムに達すれば晴れて「セックスがとても上手い」評価をもらえるかもしれません。

一方で、オルガズムに達した後、体があまりにも敏感になりすぎて、それ以上の刺激を嫌がる女性もいます。
オルガズムの後の反応を見て、ピストン運動を中断したり、女性の感覚が元に戻るまではゆっくり目に腰を動かすなどのケアをした上で、またオルガズムに向けて激しく腰を叩きつけるなど、女性の反応に合わせて相手の快感をコントロールしてみましょう。

最後に

オルガズムに到達する感覚は男女で異なりますが、女性の感覚は男性とは比にならないくらいの快楽になります。

男性にとって女性にオルガズムを感じさせるということはセックス上手ということでもありますね。

女性をオルガズム状態にするにはコツが必要になってきますが、媚薬を使って女性の感度を上げてあげればオルガズムを感じさせやすくすることが出来ます。

男性なら一度は試してみてください!