ペニスの悩み

精液の量を増やす方法とは!?精子を増やす裏技を教えます!

年齢とともに感じるのが「精力の衰え」。

20代後半から段々と勃起力が衰えてきたり、射精時の精液の量も見るからに少なくなっていくはず。

いざというときに女性にがっかりされるのは、男として恥ずかしいですよね…。

そこで今回は、精液の量を増やす方法についていくつかご紹介します。

ぜひ、精力アップしてセックスで女性にたっぷりと精液をおみまいしてあげましょう。

精液のサイクルって?

精液は無尽蔵に出るわけではないということは当たり前のようにご存知かと思います。

では、精液はどのくらいのサイクルで満タンになるのでしょうか?

目安は約3日です。

毎日射精をしてしまうと、精子の生成が追いつかず精液が出なくなってしまいます。

中には、1日に何回もして出ない…なんて感じた方もいらっしゃるのでは?

精液の量が少ない…と感じる方は一回精子を溜めてみてはいかがでしょうか。

約3日もあれば、精巣に精子が満タンになるので、自然と精子の量が増えたと感じるかもしれません。

精液の量が少ないとダメ?

精液の量が多くないと不安という方もいると思います。

例えば、男性不妊なのでは…など。

安心してください。

精液の量が少ないからと言って男性不妊には繋がりません。

精子にとって受精に必要なことは「量ではなく数や運動量」なのです。

精子の元気がないことを精子無力症といいます。

1回の射精につき約2ml~6mlの精液を放出します。

WHOによれば、受精に必要な量は2ml

精液1mlに2000万匹以上の精子がいて且つ運動率が約25%以上を超えていれば、精液の量が少なくても問題ありません。

でも量も大事!

とはいっても上記は最低限必要な精液の量。

全体量が多ければ多いほど、母数が増えるので妊娠の確率などは大きくなりますよね。

男性不妊が心配であれば、病院で精子の状態を見てもらうことができます。

ただ、運動量には男性の体調も大きく関わってきます。

ストレスフリーな状態で検査に挑んでください。

精液の量の増やし方

それでは実際に精液の量を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

精液の量を増やすにはいくつかの方法があります。

ただ、個人差がありますのでくれぐれも無理の無いように気をつけてください。

栄養補助食品を使う

まず精液の量を手っ取り早く増やすための方法として挙げられるのが「栄養補助食品」を利用することです。

男性の精子を構成する成分を直接取り込むことで、精液の量を直に増やすための方法として効果的と言えるでしょう。

ただ、使い方を誤ると体調を崩しかねないので、無理のないよう服用してください。

Nist(ニスト)

まず最初にご紹介したいのがこちらの商品。

こちらはL-シトルリンを含有したものになっており、L-シトルリンは血液の循環を助け勃起力の改善に役に立ちます。

それだけでなくスッポンなどといった精力剤としても利用できるというなんともオトクな商品。

ただ、こちらは個人差が激しく余裕がある時に試してみるのがいいです。

ニストの詳細はこちら

エナジンク

亜鉛。

それは、男性の精液を構成する成分として欠かせないもので別名「セックスミネラル」とも呼ばれています。

このエナジンクには1粒あたりなんと30mgもの亜鉛を含んでいるという驚異的な精力剤

30mgとはどのくらいか?

なんと牡蠣約15個分!または、レバー20切れ分!

これだけの量を食べるとなると大変ですよね…それをエナジンク1粒で済んでしまうという…。

今ならTENGAがついたりとお得!

しかも定期購入でなんと2万円のキャッシュバックまでついてくる…!

買うなら今がチャンスです。

>>エナジンクで精液の量を増やす

食生活を変える

さて今までご紹介したのは栄養補助食品を摂取するということでした。

ただあくまで栄養の補助。

毎日のメインの食生活を変えることでより効果を発揮します。

自分の食生活は精液の量を増やすための方法として効果的かどうかを確認してみてください!

ジャンクフードやインスタント食品はNG

ジャンクフードは男性にとって最高の食事のはず。

料理をする事がない人にとってはインスタント食品は最高の発明物…。

ただそれ精液の量を増やすのにはNGな食事!

栄養をバランスよく取ることが重要です。

ジャンクフードなどは身体に悪いので、なるべく控えましょう。

肉などでオススメなのが鳥と牛。

鳥と牛は筋肉が付きやすく、男性ホルモンが分泌されるので自然と精力もUPしていきます。

ビタミンCや抗酸化成分を多く含む食品を摂取する

ビタミンCなどは肌をすべすべにしてくれるだけでなく、精子の欠陥を抑えてくれます。

先程もご紹介したように受精に大事なのは精子の運動量。

精子が元気であれば精子が活発に動き、量を増やすだけでなく妊娠の確率を高めてくれます。

にんにくを食べる

にんにくは男性の元気の源とも言える食材。

畑の肉とも言われるだけあって、男性の生殖機能に大きく関わってきます。

にんにくに含まれるアリシンを摂取することで、精子を作る精巣への血流を改善し結果的に精液の量を増やしてくれます。

ぜひ日々のレシピににんにくを!

生活習慣を変える

食生活だけでなく、生活習慣を変えることも精液の量を増やすための大事なポイント。

自分の生活習慣が性機能に重大な負担を与えていないかどうか?を確認してみてください。

ストレスフリーな生活を

快適な性生活を送る上で大事なのがストレスフリーであること。

なるべくストレスを感じないような環境に身を置きましょう。

満員電車が嫌なら近くに住む。

あるいは、早起きするなどが大事。

ストレスを感じると自然と精子を作る機能が劣化し薄い精子になってしまいます。

濃厚な精子を作りたいのであればストレスフリーを心がけましょう。

タバコ・酒NG!

もちろんタバコ・酒はなるべく控えましょう。

タバコ・酒はあなたの身体の免疫機能などを低下させてしまう原因となります。

結果として体全体がストレスを感じるようになり、結果として精液の量が減るという要因になりかねません。

なるべく悪習慣は控えるようにしましょう。

睡眠をしっかり取る

睡眠をしっかり取るということも大事です。

睡眠とは体のストレスをなくしたり、翌日スッキリとした形で活動できる充電時間です。

常に体の状態は精液の量を作る上で気にしなければならないこと。

良質な精子と量を増やしたいのであれば、しっかりと最低限8時間は眠るようにしましょう。

日々の努力がセックスで女性を満足させるという結果につながるのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、精液の量を増やす方法についてご紹介しました。

セックスで女性を満足させるためには、日々の努力が必要不可欠。

そしてそれが結果として男性器の運動を活発化させ、精液の量が増え始めるのです。

体は正直です。

しっかりとが自分の体と向き合ってみてください。