媚薬の使い方・注意点

媚薬や催淫剤の消費期限とは?どれくらいまで使えるの?

「媚薬を買ったのはいいけど、使う頻度も少ないし一体いつまで使えるのかが分からない」

とお悩みの方もいるかもしれません。

ジュースや缶詰にも賞味期限や消費期限があるくらいなので、当然媚薬や催淫剤にも使用期限は設定されているはずです。

そこで今回は、媚薬がいつまで使えるのか、そして媚薬の効果を落とさずに使う方法を確認してみました。

媚薬はいつまで使えるの?

性的興奮を高める為に効果的と言われている媚薬ですが、実際に使用することが出来る期間はどのくらいなのでしょうか?

媚薬はいざという時のために常に備えておきたいアイテムですが、どれくらい持つかを知っておかなければいざ使いたいときに期限が切れていたなんてことになりかねません。

さて、媚薬には液体タイプや塗るタイプなど様々ありますが、直接口にする飲むタイプであれば未開封の状態で1年程度、封を切った状態で1~3ヶ月程度になります。

もちろん商品によって期限は異なりますし、いつ製造したものを購入したかによっても購入してから期限が切れるまでの期間は変わってきます。

また、これはあくまでもおよその期間であり、保存状態によっても使用可能な期限は変わってくるでしょう。

そして、飲むタイプではなく塗ったりするタイプであれば消費期限は3年程度になりますが、直接口にするタイプでも塗るタイプでも直射日光など避け、保存状態を良くしておくようにしましょう。

もし気になるようであれば、事前にショップに問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。

期限切れの媚薬は効果が薄れる?

さて、それではもし消費期限が切れた場合にその媚薬の効果はどうなるのでしょうか?

答えは簡単で、期限が切れたものは効果が落ちてしまうため使用しないほうが無難でしょう。

また、飲む媚薬の場合は女性に飲ませるものなので、期限切れのものを飲ませるのは健康的にも止めたほうが良いでしょう。

ちなみに、「賞味期限」と「消費期限」は異なるので注意してください。

賞味期限は「美味しく食べられる期限」で、消費期限は「期限を過ぎたら食べないほうが良い」と定義されています。

いずれにしても、一度開けてしまうと鮮度が落ちやすくなるため、早めに使い切るようにしましょう。

消費期限も賞味期限も、袋や容器を開けないで、書かれた通りに保存していた場合の安全やおいしさを約束したものです。一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

引用:農林水産省

使用上の注意をよく読んで使用しよう

媚薬を使用することでより強力なエクスタシーを感じることが出来、さらなる興奮を得ることが出来ますが、使用する量を間違ってしまったり、さらなる興奮を期待するばかりに使用量を必要以上に多くするのはやめましょう。

医薬品やサプリと同じで、必ずしも多く使用すれば良いというわけではありません。

また、出来るだけ安全性の高いものを使用する為にも、天然成分でつくられているものなどを使用することをおすすめします。

特に気を付けなければならないのは海外から購入した輸入媚薬で、中には日本では違法となっている成分が含まれているものが混ざっていることもあります。

もしも、違法な成分が含まれたものを使用してしまうと刑罰の対象にもなってしまいかねません。

正しく使うことが一番効果アップにつながる

媚薬は上手に使用することで血行を高めたり感度を高め、性的な欲望を高める効果を十分発揮してくれるでしょう。

ところが、使い方を間違えたり期限切れのものを使ってしまった場合はせっかくの媚薬効果を活かすことが出来なくなってしまうのです。

お馴染みのフレーズですが、「用法用量を守って正しく使いましょう」。

ポイントは、使用する際は開封をしたら消費期限内で使用する様にし、使用上の注意をきちんと守るようにすることです。

まとめ

様々なタイプの商品が販売されている媚薬ですが、性欲を高めたり様々な効果を得ることが出来ます。

また、消費期限は開封している状態と未開封の状態では異なるので、開封をしたら出来るだけ早く使用することをおすすめします。

媚薬の効果を少しでも落とさないためにも、なるべく早めに使い切るようにしましょう!