媚薬の使い方・注意点

媚薬を飲む最適なタイミングはいつ?

様々な症状の中でも、人には言えないプライベートな状態では不感症があり、悩みを持っている人もたくさんいます。この不感症を解消するには媚薬を利用することがおすすめになりますが、飲むタイミングなどが重要になっているといえます。

出産してから相手にされないこともあります

近年は出生率が低下している要因としてあるのが、不感症だったり性冷淡やセックスレスなどもあります。またセックスに対して嫌悪している人であれば、パートナーがいても性行為を拒否してしまい上手くいかないことも少なくありません。男性として触れ合いたいのに子供を出産してから、相手にされないということも離婚原因として挙げられる時代です。これらを解消するためには媚薬などを有効活用することによって、新しいセックスライフを得ることができるといえます。日本はアメリカやヨーロッパのように性に対して開放的ではないことから、若い男性では恥ずかしいという気持ちになる人も少なくありません。

男性こそ積極的になって良い時代です

女性用の媚薬などは世界的に使われていますので、女性の人権を考えると男性を喜ばせるというよりは自分が使って楽しくなるという考えの下に使われることが多いです。男性でも性に対して積極的になっても良い次代と言えますので、日本人の感覚というのは時代遅れになっているといわれています。パートナーに対して女性用の媚薬を使うメリットとしては、即効性があるということです。すぐに効き目があるので実際に行為に及ぶ直前でも効果を期待することができますので、そんなに前もって準備をする必要がありません。その為にムードを作ってから使うことも可能になります。

飲み薬でも即効性の効果を期待できます

女性用の媚薬を飲むタイミングとしては、行為をする30分前に飲み薬を取ると効果を発揮し始めます。それくらいで効果が出始めますので、陰部の毛細血管に血液が集まり熱くなってきますので、相手をほしいと感じてくるようになります。もちろん相手を愛しているという前提なので、自分のありのままの姿を受け入れてもらうようにさらけ出すことが大事になります。また飲むタイミングの中に、もう少し前もってとりたいという人では、デートの最中に取っておくことがおすすめです。それだけ準備をしておくと相手も喜びますし、自分も勢いに任せてエッチな気分にもなれます。

まとめ

不感症の人の場合には媚薬を使って感じるようにコントロールをすることができますので、飲むタイミングとしては30分前でも効果があります。そんなに前もって準備をしなくていいですが、不安な人はデート中に取っておくことがベストです。